Sake Brew Master's blog

28歳 蔵元杜氏の日本酒ブログ

「酒造りの神様」農口尚彦氏が杜氏を務める農口尚彦研究所

 

どうもB.Cです。

 

今回は「酒造りの神様」と称される農口尚彦氏が杜氏を務める農口尚彦研究所の見学に行ってきたので、簡単にご報告したいと思います。

 

目次

 

 

 

農口尚彦杜氏

 

日本酒好きの人なら、この名をご存知の方も多いかと思います。

能登杜氏四天王」や「現代の名工」など様々な肩書を持ち、「酒造りの神様」とも称される伝説の杜氏です。

 

f:id:sake-brewer:20181110233545j:plain

農口杜氏 農口尚彦研究所公式サイトより

農口杜氏は70年もの酒造りのキャリアを持ち、連続12回全国新酒鑑評会金賞受賞を含む通算24回金賞受賞という輝かしい実績を誇り、85歳になった今もなお最前線で酒造りをなさっている正しく生ける伝説です。

 

 

農口尚彦研究所

 

現在85歳になられた農口杜氏ですが、金沢市から車で30分ほどの小松市の農口尚彦研究所にて酒造りをなさっています。

f:id:sake-brewer:20181110231707j:plain

f:id:sake-brewer:20181110231702j:plain

農口尚彦研究所

農口尚彦研究所は農口杜氏の酒造りにおける匠の技術・精神・生き様を研究し、次世代に継承することをコンセプトとし、夢や情熱を持った若者と共に酒造りをしたいという、農口杜氏の熱い想いを受け止めて設立されました。

 

 

酒造りに最適な環境

 

農口尚彦研究所の周りは自然に囲まれており、綺麗で豊富な水量を誇る水源があります。

蔵の近くには西尾の雪解け水が流れる郷谷川と「こいの滝登り」で有名な十二ケ滝があり、酒造りには最高の環境です。 

f:id:sake-brewer:20181110233146j:plain

f:id:sake-brewer:20181110233151j:plain

蔵近くの十二ヶ滝

 

 

蔵内の様子

 

農口酒造研究所は昨年醸造を開始した新しい蔵ですので、蔵内は最新の設備が導入されていますが、もちろん全量手造りです。

随所に農口杜氏のこだわりを感じました。

 

f:id:sake-brewer:20181110231712j:plain

仕込み蔵 壁には農口杜氏が描かれています。

f:id:sake-brewer:20181110232647j:plain

ため息が漏れるような酒を造りたい

f:id:sake-brewer:20181110233207j:plain

発酵中の醪 青リンゴのような上品な香り

f:id:sake-brewer:20181110231721j:plain

農口杜氏の麹 かなり強い麹です。

 


 

試飲ルーム「杜庵(とうあん)」

 

試飲ルーム「杜庵(とうあん)」は茶室をイメージした造りで、窓越しに田園風景を眺望しながら農口杜氏が造った至極のお酒を味わうことが出来ます。 

料金は酒蔵の見学とセットで5400円、所要時間は約90分となっています。

 

しかし、今回私は車で一人でお伺いしたので杜庵で農口杜氏の酒を楽しむことは出来ませんでした…泣

f:id:sake-brewer:20181110231858j:plain

f:id:sake-brewer:20181110231902j:plain

試飲ルーム 杜庵

※杜庵の写真は予約サイトOpenTableさんより引用させて頂きました。

 

 

農口杜氏との会談

 

酒造りでお忙しい中、農口杜氏と30分ほどお話をさせて頂きました。

f:id:sake-brewer:20181110231717j:plain

農口杜氏 杜氏部屋にて

農口杜氏の十八番である山廃造りのことや、これからの日本酒の在り方など様々なお話をすることができました。

酒造りに関する技術的な質問にもお答えいただき、本当に勉強になりました。

これからの日本酒はドンドン世界に打って出ないといけないということや、私のような若い人が美味しい酒を造り、日本酒を盛り上げていかないとダメだよとエールも頂き、日本酒を盛り上げていけるよう頑張ろうと決意を新たにしました。

 

 

まとめ

 

農口酒造研究所では「酒造りの神様」と称される農口杜氏の生き様や酒造りのすべてを知ることが出来るといっても過言ではありません。

ぜひ農口酒造研究所に足を運んで農口杜氏の至極の酒を楽しんで下さい!

  

それでは楽しい日本酒ライフを!

 

 

B.C