Sake Brew Master's blog

28歳 蔵元杜氏の日本酒ブログ

日本一の日本酒イベント 西条酒まつりレポート

 

どうもB.Cです。

最近は朝晩が寒く、燗酒が美味しい季節になってきましたね!

蔵のお酒も秋上がりして味が乗ってきており、各地で日本酒のイベントが催されていますね!

 

私も今月の6、7日に広島の西条で開催された西条酒まつりに参加してきました。

f:id:sake-brewer:20180909222054j:plain

 酒まつりでは美味しいお酒ばかりでしたが、今回はその中でも特に美味しかった酒をご紹介したいと思います。

 

 

 目次

 

 

西条酒まつりとは

 

西条酒まつりは10月の第2週の土日に開催される、日本一の規模の日本酒イベントです。

西条酒まつりについてはこちらの記事をお読みください。 

 

 

 

今年は台風の影響で1日目の野外イベントが中止となってしまいました・・・

しかし、それでも初日に5万人、2日目で12万人が西条酒まつりに訪れました。

台風なんて何のその!呑んべえは止められません!笑

もちろん私も2日間参加してきました! 

f:id:sake-brewer:20181018182117j:plain

生憎の曇り空ですが辺り一面人、人、人!

f:id:sake-brewer:20181018181934j:plain

解放された蔵の中もお客さんで溢れかえっています。

 

賀茂鶴  天凛

 

こちらが賀茂鶴酒造さんの天凛です。

f:id:sake-brewer:20181018181943j:plain

加茂鶴 天凛

なんと一升瓶で3万円也。

酒まつりではグラス1杯1000円で飲めるということで、会場に着くなり真っ先に飲みに行きました。

 

天凛は大吟醸の斗瓶取り10年熟成酒と、その年の大吟醸斗瓶取りをミックスしたブレンド酒です。

10年古酒がブレンドされているとは言っても、氷温で貯蔵されているので、古酒独特のカラメル香や着色は全くありません。

 

新酒らしい青リンゴを思わせるフレッシュな香りと、低温長期熟成が齎す絹のような滑らかな舌触りが共存しています。

これまでに数え切れないほどの日本酒を口にしてきましたが、ここまでの完成度の酒には滅多に出会うことができません。

さすが賀茂鶴酒造さんです。恐れ入りました。

 

なかなか手が出ない価格帯のお酒ではありますが、間違いなく価格以上の感動を味わうことが出来ます。

人生の節目やお祝いのお酒として「賀茂鶴 天凛」いかがでしょうか。

f:id:sake-brewer:20181018181940j:plain

普段は手が届かない酒も酒まつりならグラスで飲めます。

f:id:sake-brewer:20181018182120j:plain

西条が舞台の映画「恋のしずく」のブースもあります。


 

日本酒の研究者が本気を出して造った大吟醸

 

こちらは独立行政法人 酒類総合研究所が造ったお酒です。

その名も研究所のお酒。

f:id:sake-brewer:20181018181946j:plain

研究所のお酒

独立行政法人 酒類総合研究所についてはこちらの記事をお読み下さい。  

 

 

酒類総研ではその年の米の性質調査や新たな酵母の試験醸造新技術の試行などのために毎年日本酒を製造しています。

 

この研究所の酒はその研究の一環として造られたお酒です。

基本的に一般に出回ることはないため、存在すら知られていません。

 

はぐれメタルのように、超レアなお酒です。笑

飲むことが出来るとしたら、酒まつりなどの日本酒のイベントの際に、酒類総研がブースを出している時に限られます。

  

香りは青リンゴを思わせるカプロン酸エチルが綺麗に出ています。

口に含むと、程よい甘みと、山田錦特有のうま味がゆっくりと広がります。

勿体無いですが利き酒用ということでしたので、飲み込むことなく、吐器に吐き出すと、ほんのり心地よい苦味が後味を閉め、スッキリとキレました。

 

日夜、日本酒の最先端の研究をしているだけあって、流石の出来でした。

 

f:id:sake-brewer:20181018181937j:plain

酒類総研のブース

酒類総研のブースでは研究所のお酒の利き酒の他にも、日本酒の香りサンプルや研究所で造られた麹をルーペで観察できたりなど、日本酒を科学的な面から知ることが出来ます。

また、研究員の先生方もブースに立っており、利き酒のやり方をレクチャーしたり、熱心なお酒好きの質問に答えたりしていました。

 

大きな日本酒のイベントにはブースを出している事が多いので、イベントに参加する際は酒類総研のブースを探してみて下さい。

研究所のお酒を飲む事が出来るかもしれませんよ!

 

 

まとめ

 

今回は西条酒まつりで飲んだお酒の中でも、特に印象に残ったお酒を紹介してみました。

 

西条酒まつりでは、普段はなかなか飲む事が出来ないお酒も飲む事が出来るため、そういったレアなお酒を目的に参加するのも良いかと思います。

 

次はまた来年の10月になりますが、気長に待ちましょう!笑

 

 

それでは楽しい日本酒ライフを!

 

 

 

B.C